コラム

ブログ「跡部蛮のおもしろ歴史学」のアーカイブから、とくに人気があった

投稿をご紹介いたします。

 

 

「腰越状」をめぐる謎と真相①[梶原景時と大江広元]

テーマ:源義経

 

源義経が兄頼朝の勘気に触れ、その弁解のために滔々と綴った「腰越状」。

 

今回はその腰越状をめぐる謎解きにチャレンジしたいと思います。

 

まず通説により、義経が腰越状をしたためた前後の情勢を確認しておきましょう。

 

平家一門を壇の浦(下関市)で滅ぼして京に凱旋した義経は、梶原景時らの讒言によって兄頼朝の怒りを買ってしまいます。

 

兄の怒りを解こうと、元暦(げんりゃく)二年(1185)五月七日、義経は京を発ち、捕虜の平宗盛父子を護送しながら鎌倉をめざしました。

 

しかし、頼朝は宗盛父子の身柄を受け取ったものの、弟の鎌倉入りを許さず、義経は鎌倉のすぐ手前にある腰越(こしごえ)の満福寺(まんぷくじ)で頼朝の側近・大江広元宛てに長文の嘆願文をしたためます。
 

これが腰越状です。

 

「左衛門少尉(さえもんのしょうじょう)源義経、恐れながら申し上げ候」
 

という書き出しにはじまり、頼朝の代官として多くの勲功を挙げたにもかかわらず、それが認められるどころか、逆に勘気を蒙ったことを嘆いています。

 

そして、義経に野心のないことを日本全国の神に誓い、何通も起請文を書き送った事実を述べ、最後は広元の慈悲にすがっているのです。

 

しかし、義経が書いた起請文を握りつぶしていたのは、他ならぬ広元でした。

 

ついに義経は兄頼朝との面会を果たせず、六月九日、ふたたび宗盛父子を護送して京への帰還を余儀なくされます。

 

その後、いったん義経に与えられていた平家没官(もっかん)領二十四ヶ所も頼朝によって没収されます。

 

そして、十月に入ると、頼朝との関係をより悪化させる事件が起こります。
(つづく) 

 

以上、跡部蛮のブログ(おもしろ歴史学)にアップした記事のダイジェストです。この(つづき)はここをクリックしてご覧ください。

週に3~4回のペースで新しい記事もアップしています。

ブログ「跡部蛮のおもしろ歴史学」をクリックしてください。